英会話・TOEIC、目的に合わせた英語の独学勉強法

懐かしい単語カードのアプリ

i暗記
i暗記+」は1問1答形式の暗記カードを作ることができるiPhone / iPod touch無料アプリです。英語に限らず、様々な問題集を作ったり、または、他の人が作った問題集をダウンロードしたりして使うことが出来ます。 私も中学生のころ、単語カードを買ってもらって、英語や社会の問題週を作ったものです。しかし、単語カードは安く買えて時間をかけずに効率良く解いていくことができる反面、かさばってしまったり、どれがどの問題集なのかわからなくなってしまったりします。

i暗記の使い方

「i暗記+」は、好きなだけ単語カードを作ることができ、タイトルを付けて整理して管理することができます。
i暗記

 

単語カードはアプリ上で作ることもできますが、web登録を実施することで、より作成や編集が用意になります。また、エクセルからインポートすることも可能です。私はもともとExcelで単語を管理していたので、インポートすることで瞬時に単語カードを作ることができました。

 

単語カードを選ぶと、問題が出題されます。私は問題を英語、答えを日本語としていますが、答えを先に表示させることも可能ですので、和英の問題集にもなります。画面をタップすることで答えを表示させることができ、正解の場合は上の青い箱へスライドさせます。

 

i暗記 i暗記

 

不正解だった場合は、下の赤い箱へスライドさせます。私は2秒で答えが思い浮かばなかった場合、確認した後に不正解とします。3秒以上考えて答えが思い出せた場合も不正解にしてしまいます。

 

i暗記 i暗記 i暗記

i暗記の特徴

i暗記+」は、特殊なアルゴリズムを採用しており、簡単に言うと、正解した場合にはその問題が再び出題されにくくなります。正解した問題と不正解の問題で出題の頻度が変更され、不正解の問題を頻繁に確認することで長期記憶として覚えやすくするとのことです。 「i暗記+」はiPhoneだけでなくiPod touchでも非常に軽快に動作するため、細切れの時間が5分でもあれば、かなりの数の単語をチェックすることができます。自分で独自の単語帳を作成している場合には、無料アプリ「i暗記+」を使うことで効率よく学習できると思います。

i暗記関連ページ

BBC NEWS
BBC NEWSは、様々なカテゴリーごとに約10個ずつの記事をダウンロードでき、オフラインで読むことができます。多読に便利です。
EBPocket
EBPocketはEPWING/電子ブックビューアで、パソコン版の英辞郎をiPhone / iPod Touchで使えます。Wikipediaのオフライン検索も可能になります。
語学プレーヤー
音の高低を変えずに任意の速度変更が可能で、ABリピート機能もあります。また、ワンタッチで少しだけ戻って再生を始めることもできます。

 
トップ 自己紹介 TOEIC履歴 英語の要素 語彙 文法 発音 英会話 TOEIC その他 PCソフト iPhone