英会話・TOEIC、目的に合わせた英語の独学勉強法

英語の上達には、英語を「聞く」勉強が欠かせません。

iTunesは英語を「聞く」ための音源をCDからパソコンに取り込むのに役立つフリーソフトです。同様のソフトウェアは色々ありますが、一番簡単なiTunesが便利だと思います。

iTunesのダウンロードと使い方

アップルのホームページ(http://www.apple.com/jp/itunes/download/)から簡単にダウンロードできます。
iTunes

 

iTunes

 

インストール後、起動してから、「編集」→「設定」を開き、「一般」の中ほどにある「インポート設定」を選びます。
iTunes

 

「インポート方法」を「MP3エンコーダ」にしてOK。これで、CDをパソコンに入れれば自動でmp3形式の音源がインポートされます。 また、AACバージョンでインポートした場合でも、上記設定を行った後、ミュージックライブラリの中にあるファイルを右クリックし、「MP3バージョンを作成」を選べばmp3にファイル形式を変換できます。逆に、上記設定で「AACエンコーダ」を選べば、AAC形式に変換することも可能です。

 

なお、多くのwavファイルを一括でmp3形式に変換したり、多くのmp3ファイルを一括でwavに変換したりする場合には、午後のこ〜だの方が簡単だと思います。

iTunes関連ページ

SoundEngine
音源を波形描画し、聞きたい部分を選択して1回だけ、あるいは繰り返し再生したり、音源から不要な部分を除去したりすることができます。
聞々ハヤえもん
音の高さを変えずに速度を変更して聞くことができるため、自分の好きな英語音源の難易度を上げたり下げたりすることができます。
午後のこ〜だ
複数のwavファイルを一括でmp3形式に変換したり、逆に複数のmp3ファイルを一括でwavに変換したりするのに便利なフリーソフトです。

 
トップ 自己紹介 TOEIC履歴 英語の要素 語彙 文法 発音 英会話 TOEIC その他 PCソフト iPhone