英会話・TOEIC、目的に合わせた英語の独学勉強法

リーディングが出来ないと仕事が遅くなる

中学高校でも読む練習はほとんどすべての人が練習してきているので、辞書を片手に時間さえかければ、誰でもリーディングはできると思います。しかし、試験は時間制限がありますし、仕事においてもリーディングができたほうが、理解するのに必要な時間が少なくて済みますので、同じ時間の間に、よりたくさんの仕事を進めることができます。

英語力以外にも必要なものがある

リーディングは、究極的には単純に英語力だけの問題ではなく、教養や知識、集中力によっても左右されるものだと思います。仕事に関する文書や、研究系の論文を読む場合、辞書をほとんど使わずにストレスなく読めるようになってきました。しかし、専門分野の異なる文献や海外のニュースを読む場合は、知らない単語も出てきますし、知らない単語がなかったとしても理解しづらい時があります。これらは、内容の背景を知っている場合、その知識が後押ししてリーディングが可能になっているけれども、それがなければその文章の情報のみで理解しなければならないために、素の英語力が要求されるのだと思っています。

今まで以上にたくさん読む練習が必要なようです・・・

TOEIC履歴を見ていただくと分かる通り、自分のリーディング力はまだまだレベルが低い(文法はほとんど正答できるので)ようです。TOEICを受けて自分の課題だと思うことは、文を読んで意味はとれているのに、最期まで読んでいるうちに内容を忘れてしまうことが結構あるということです。実はこれは日本語の本でも同じことで、読んでいるつもりになって読み進めているのに、気がついたら頭に入っていなくて何ページか戻って読み直しをするということが良くあります。おそらく集中しているふりだけして、集中できていないのでしょう。興味の無いことには全く興味を持たない性格でもあり、これが少しネックになっていて何とかしたいなと思っています。色々な文献や記事、あるいはペーパーバックを大量に読んで、集中力を維持する練習をする必要があると感じおり、今はひたすらiPhoneアプリで「BBC NEWS」を読んでいます。

リーディング編関連ページ

語彙編
英語力を決定する要素の一つとして、語彙について考察します。
文法編
英語力を決定する要素の一つとして、文法について考察します。
リスニング編
英語力を決定する要素の一つとして、リスニングについて考察します。
ライティング編
英語力を決定する要素の一つとして、ライティングについて考察します。
スピーキング編
英語力を決定する要素の一つとして、スピーキングについて考察します。

 
トップ 自己紹介 TOEIC履歴 英語の要素 語彙 文法 発音 英会話 TOEIC その他 PCソフト iPhone