英会話・TOEIC、目的に合わせた英語の独学勉強法

ライティングに必要なもの

リーディングと同様に、辞書を片手に時間をかけて英文を作るのなら、それほど困難ではないと思います。しかし、メールや報告書を書くのに多くの時間をかけるわけにもいきません。自分の経験上、ライティングのネックになるのは語彙だと思っています。

 

単語や熟語を勉強するとき、普通は英語から日本語への和訳を覚える場合がほとんどかと思います。単独で覚えようが例文内で覚えようが、和訳を覚えてその単語を習得したと思っていると、英文を作ろうとした時に、覚えたはずなのに思い出せないということが頻繁に起こります。

語彙の増やし方

そこで、語彙を増やすときには、和訳を覚えるだけではなく、日本語を見て英語を言えるようにも勉強して、ほんとうの意味で単語・熟語をマスターする必要があります。もちろんある程度の文法は知っておく必要がありますが、業務のメールなどではわざわざ難しい言い回しをする必要はなく、短めの文を重ねて要点を書いていけば充分であることがほとんどだと思います。そういう意味で、語彙力の強化がライティング向上に一番効果があると思います。

単語・熟語は知っているのに英文が書けない場合

一方、語彙力はあるのに、思うように英文が書けないという場合は、文法の勉強をかねて、簡単な例文をできるだけたくさん覚えて、覚えている単語と入れ替えて例文を使えるようになっておくとライティングが楽になると思います。これはスピーキングにも役立ちます。

 

私は、「総合英語Forest」や「話すための瞬間英作文シリーズ」を使って練習しました。あとは、業務等でネイティブの人とメールをやりとりする機会があれば、その人が書いたメール内の使えそうな表現を書き出して覚えていくというのが非常に有効ですので、試してみていただければと思います。

ライティング編関連ページ

語彙編
英語力を決定する要素の一つとして、語彙について考察します。
文法編
英語力を決定する要素の一つとして、文法について考察します。
リーディング編
英語力を決定する要素の一つとして、リーディングについて考察します。
リスニング編
英語力を決定する要素の一つとして、リスニングについて考察します。
スピーキング編
英語力を決定する要素の一つとして、スピーキングについて考察します。

 
トップ 自己紹介 TOEIC履歴 英語の要素 語彙 文法 発音 英会話 TOEIC その他 PCソフト iPhone