英会話・TOEIC、目的に合わせた英語の独学勉強法

スピーキングに必要なもの

リーディングとリスニングの関係が、ライティングとスピーキングの関係にも当てはまります。ライティングに比べると即応性が必要になる分、スピーキングの方が難しくなり、ライティング以上に語彙力、そして基本的な表現をどれだけ使いこなせるかが、重要なポイントであると感じます。ライティングと重複しますが、簡単な例文をできるだけたくさん覚えて、覚えている単語と入れ替えて例文を使えるようになっておくと良いと思います。私は、「総合英語Forest」や「話すための瞬間英作文シリーズ」を使って練習しました。

発音が良くなくても外国人は聞き取りますが・・・

一方、外国人は日本人が発音を苦手としているのを知っていますし、よほどひどくない限り発音が大きな問題になることはないので、堂々としていればいいとよく言われます。しかし、他人の英語を聞いていると、発音が上手な人とそうでない人が結構分かってしまいますし、文法も単語も正確なはずなのに何故か相手に伝わらず発音が悪いのではないかと思って「英語耳」という教材で練習をしました。

スピーキングはリスニングよりも敷居が低い

スピーキングはリーディング、リスニング、ライティングと比較すると、一番難しい応用の要素と考えてしまいがちですが、ライティングと同様に難しい言い回しを無理して使わず、知っている語彙や表現をうまく使っていけばいいだけなので、個人的にはリスニングよりも敷居が低いと考えています。英会話に通うとか、考え事をする時に日本語ではなく英語で考えてみるとか意識していると、即座に英語を話すことに慣れることができていくと思います。

スピーキング編関連ページ

語彙編
英語力を決定する要素の一つとして、語彙について考察します。
文法編
英語力を決定する要素の一つとして、文法について考察します。
リーディング編
英語力を決定する要素の一つとして、リーディングについて考察します。
リスニング編
英語力を決定する要素の一つとして、リスニングについて考察します。
ライティング編
英語力を決定する要素の一つとして、ライティングについて考察します。

 
トップ 自己紹介 TOEIC履歴 英語の要素 語彙 文法 発音 英会話 TOEIC その他 PCソフト iPhone