英会話・TOEIC、目的に合わせた英語の独学勉強法

連語(コロケーション)で覚えていく教材

1つずつの英単語として覚えていくのではなく、また、文の中で覚えるタイプの単語帳でもありません。2つの英単語を組み合わせてピーナツのように、連語、いわゆるコロケーションで覚えていく教材です。英語のレベルに合わせて、金、銀、銅の3冊があり、金が最も難しい英単語を扱っており、銅が最も優しい英単語を扱っています。大体の目安としては、TOEICスコアで言うと、銅が600-700、銀が700-800、金がそれ以上のように感じます。

 

英単語ピーナツ銅英単語ピーナツ銀英単語ピーナツ金

英単語ピーナツほどおいしいものはないをおすすめできる方

英語の勉強において、英単語や熟語を覚えていく語彙の強化は独学でコツコツ進めるしかなく、苦痛を伴うものです。コロケーションで覚えようとすると、単語だけで覚えるよりは暗記しやすく、また、文章の中で覚えようとするよりは負担が少ないと思います。単調な暗記では英単語を覚えられない人にはおすすめです。

 

ただ、コロケーションで覚える勉強法は、人によって向き不向きがあると思っています。自分の場合、コロケーションでひたすら覚えていくというのは、単語だけで覚えるよりも単調に感じてしまいました。おそらく、英単語は複数の日本語の意味を持つのがほとんどなのに対し、コロケーションでは組み合わせによって1単語1つの意味で覚えていくことになるためかと思っています。また、試験だけでなく英会話も意識して勉強していましたので、コロケーションで覚えてしまうと、その組み合わせでは思い出せるのですが、別の場面で別の単語と組み合わせられてしまうと、意外と思い出せなかったり、また、別の単語と組み合わせて使おうとしても、反射的に単語が出てこなかったりしました。 そういうわけで、3冊まとめて買った後、長い間放置していました。その後、しばらくたってから、特に目的もなく、ふと思い立って見直してみたところ、ある程度記憶に定着した単語を復習する教材として活用できるように思い、改めて学習することにしたという事になります。このような使い方となると、ある程度知っている単語や表現を、さらにコロケーションという別の角度から補強することになるため、より理解を深めることができたと思います。

 

ちなみに、金は無駄に難しく感じ、あえて単語帳で勉強しなくても良いかなと思ったので、復習として使ったのは銅と銀だけです。このような勉強法と使い方もできるということで、お勧めできる教材かと思います。

 

英単語ピーナツほどおいしいものはない関連ページ

DUO 3.0
560の例文の中に2500強の語彙を凝縮した例文型単語教材です。1つの例文は約10〜20単語・熟語で構成され、基礎レベルが中心ですが、初めに手をつける教材としては最適です。
英単語・熟語ダイアローグ1800
健康や医療、ビジネスや社会問題などのテーマについて、対話形式で話が進みます。1トピックは約300語で、長めの文章に慣れるためにも調度良い教材だと思います。
速読速聴・英単語 Core 1900
新聞やニュースから抜粋された文章が掲載され、1つの文章は約100語で構成されます。文章は短めですが政治や経済などの難しい話が多いです。
TOEFLテストにでる順英単語
派生語はしっかり押さえられ、さらに、5つのPartに単語・熟語のレベル別に分かれており、効率良くTOEFLにでる単語・熟語を覚えることが出来ました。
TOEIC test 英単語スピードマスター
例文も類語も派生語もカバーしており、TOEIC 900点レベルに届くと思われる単語・熟語が含まれています。さらに、CDが付いています。
TOEIC(R)テスト 新・必修単語
単語や熟語がTOEICの各Partの出題形式でまとめられています。音源を収録したCDも付いているので、試験対策にもなる単語・熟語集だと思います。
徹底攻略 TOEIC TEST 単語
単語・熟語のレベルは幅広く、基礎的なものから難しい単語、さらにはビジネス用語まで幅広く押さえてあります。
語源とイラストで一気に覚える英単語
語源とイラストで一気に覚える英単語は、1語源につき4つの英単語を例文付きで紹介しています。

 
トップ 自己紹介 TOEIC履歴 英語の要素 語彙 文法 発音 英会話 TOEIC その他 PCソフト iPhone