英会話・TOEIC、目的に合わせた英語の独学勉強法

実際のTOEIC試験形式の文法対策教材

TOEICの文法部分であるPart 5とPart 6に特化した対策本で、7回分のTOEIC模擬テストが掲載されています。TOEICの文法問題の上達のコツは、何と言っても実践的な問題を大量に解くことであり、模擬テスト形式の文法対策本はとてもおすすめできます。

 

新TOEIC TEST英文法語法問題集

新TOEIC TEST英文法語法問題集の内容とおすすめできる方

新TOEIC TEST英文法・語法問題集の構成は非常にシンプルです。本番のTOEICのようにPart 5とPart 6の模擬テストが7回分入っていて、別冊に問題の解説がまとめられているだけです。模擬試験はいろいろ出版されていますが、7回分もPart 5とPart 6に特化してまとめられていて1000円強というのは、とてもコストパフォーマンスが良いと思います。 この本は会社の先輩にTOEICの文法対策としてお勧めしてもらった本で、TOEICスコア700〜800の時に勉強しました。800点台を安定して取れるようになってからは、英会話中心の勉強にシフトしているため、新しいTOEIC用の文法対策本には手を出していません。文法に関してはTOEICを受ける直前にこの問題集をやり直すだけです。文法は安定して9割以上はとれており、TOEICスコア800点台を目指すには十分だとおすすめできます。

7回分のTOEIC模擬テストの網羅性

この本の表紙には、「Part 5&6 スピードマスター900点をめざす」と書いてあります。しかし、これはちょっと大げさであると思います。毎回TOEICを受けると何問かはわからないので、これだけで文法を100%解くのは難しいです。表紙の記述通り、900点を目指すための本としては十分な対策本とは言えず、もっと網羅的に学習する必要があるのだと思います。 一方、文法に足を引っ張られている人がPart 5&6を克服してTOEICスコア700〜800点以上を目指すための文法教材と考えると、非常に良いTOEIC対策本だと思います。文法が全然わからないという人でも、1回目はあまり解けないかもしれませんが、理解できるまで何回も学習すれば、飛躍的に文法の力が伸びると思います。実践練習以上の上達のコツはありません。

 

なお、他にも文法に特化したTOEIC問題集は多数出版されていますが、問題と解説が入り乱れているような構成の文法対策本はTOEICのPart 5&6に慣れるためには不向きと思うのでおすすめしません。本番のTOEICではリスニングで疲れた後にPart 5&6が始まりますが、文法問題は意外と多く結構疲れます。Part7から先に解く人もいると思いますが、その場合は更に疲れていて大変だと思います。 TOEICのリーディングで高得点を取るにはPart 5&6は1問20秒程度で答えることが必須ですので、解説を見ながらゆっくり解くのではなく、大量の問題をスラスラ解いていく訓練をおすすめします。私自身、いくら英会話重視で勉強していると言っても、より高いスコアを取りたいことに変わりはありません。TOEICのPart 5&6のスピード感に慣れるためと復習のため、今でも非常に重宝しているTOEIC文法対策本です。

新TOEIC TEST英文法語法問題集関連ページ

総合英語Forest(フォレスト)
総合英語 Forestは、網羅的な文法書で、イラストを使ってわかりやすく解説しています。例文の数も多く、文中での色々な使い方を勉強することができます。
1日1分レッスン!新TOEIC Test千本ノック!
TOEICのPart 5に集中した文法対策本で、電車の中など、細切れの時間で勉強したい場合、軽くてすぐ出せる本書の出番です。
ハートで感じる英文法
「3か月トピック英会話、ハートで感じる英文法」をまとめた教材で、英語をハート(キモチ)で、つまりイメージで学ぶことが大事であるという基本姿勢を持っています。
ハートで感じる英文法(会話編)
「ハートで感じる英文法」の続編で、英語をハート(キモチ)で、つまりイメージで学ぶことが大事であるという基本姿勢を持っています。
英単語イメージハンドブック
著者の10冊を超える「イメージ」シリーズのダイジェスト版です。重要な説明は一切省かれていないので、必要十分な情報をこの1冊から得ることができます。

 
トップ 自己紹介 TOEIC履歴 英語の要素 語彙 文法 発音 英会話 TOEIC その他 PCソフト iPhone