英会話・TOEIC、目的に合わせた英語の独学勉強法

絶対に必要なTOEIC教材

TOEICの本試験2回分が収録されている公式問題集です。

 

 

TOEICテスト公式問題集 TOEICテスト公式問題集 TOEICテスト公式問題集 TOEICテスト公式問題集 TOEICテスト公式問題集

TOEICでは、2時間集中力を持続させる必要がある

TOEICのリスニングパートは、聞いては回答し、聞いては回答しの繰り返しで休む余裕はなく45分間集中力を持続させなければなりません。また、リーディングパートは、じっくり考えることなしに文法を解き続け、長文読解に入ったら読んでは回答し、読んでは回答しの繰り返しが始まり、1時間15分集中力を持続させ続けなければなりません。 ひたすら単語・熟語を暗記して語彙を補強し、何度も文法を復習し、毎日英語を聞く時間をとったとしても、いきなりTOEICに挑んで長時間集中力を維持させて実力を発揮するのは難しいと思います。高得点を望むためにも、TOEICの問題形式に慣れて置く必要があります。

複数の公式問題集が必要か?

TOEICの公式問題集は4つ出版されていますが、慣れるのが目的なら1つで十分だと思います。自分はVol. 1が出版された時に購入したのですが、今でも受験前に収録されている2回分の試験を解くようにしています。1年も経つと内容も完全に忘れているので、記憶で解いてしまうということもありません。Vol. 2とVol. 3は中身を見たことがありません。Vol. 4は、どれだけVol.1と違うのかと思って、友人に1度見せてもらったことがありますが、結局Vol. 1だけで充分かなと思いました。試験自体が年々何となく難しくなっているような気もするので、これからTOEICを受けるので1冊欲しいという人は、一番新しいVolを選んでおけば間違い無いと思います。

 

複数勉強したほうがいい場合

単語も文法もリスニングも、勉強している時間がないが、就職や仕事でTOEIC高得点を要求されてしまったという人もいるかと思います。その場合は、TOEICテスト新公式問題集4冊8回分の試験を何度も解いて覚えるという勉強法もあるかと思います。公式問題集の問題が全く同じ問題としてTOEIC本試験で出るとは思えませんが、4冊8回分勉強しておけば、使われやすい単語は網羅できるでしょうし、基本的な文法もおさえられると思います。また、リスニングでも集中すべきタイミングが体に染み付くと思います。完全にTOEICのスコアを目的として英語を勉強するなら、やはりTOEIC新公式問題集をやり込むというのが、一番の近道なのかと思います。

TOEICテスト新公式問題集関連ページ

海外経験ゼロそれでもTOEIC900点
著者は普通のサラリーマンで、初めから英語上達のコツや独学勉強法を習得していたわけでもなく、努力してTOEICスコア900点を達成した自叙伝です。

 
トップ 自己紹介 TOEIC履歴 英語の要素 語彙 文法 発音 英会話 TOEIC その他 PCソフト iPhone